おりブログ。

略して「おりブロ」ってのはどう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サーカス「西遊記」に行ってきました! その2

 というわけで「その2」を書いていこうと思います。

「その1」のほうでは、行くことになった経緯的なものを書きましてね、
タイトルが「~行ってきました!」っていうわりには、
その内容は、まだ行ってないというトンデモ日記でしたね。
読み返してみて気がつきました。



10月18日(土)―。

そう、この日は約束の日。
愛娘とサーカスを見る日。
上映時間は13時30分から90分ほど。

現在時間は11時前。
ちょっと早く来過ぎた感はあるが予定通り。
そうです。
いい席を取るために、パパは早起きです。 

 テント


招待チケットを握り締め受付へ。
招待チケットとはいうものの、土日休日は500円の自己負担が発生。
プラス、いい席で見るために有料のS席(¥1,000)を買いました。

   おりしん・愛娘・妹家族(3人)・他一名(元嫁)分

    (500円 + 1,000円) × 6人分 = 9,000円

さよなら我が諭吉。
これからは英世と仲良くするよ。

その後、元嫁から
今から温泉に行ってくるから遅れるかも♪
っていう緊張感のまるでないメールがきて、
我が諭吉は無駄になるというピンチがありましたが、何事もなく無事集合。

魔性の女 

テントに入ると、キレイなお姉さまがお出迎え。
愛娘よ。
よ~く見ておくんだ。
こんなキレイな女性に育っておくれ!

オモチャ、500エンカラデス。 ドウデスカ~?

愛娘よ。
目を合わせるでない
この女は魔性の女だ。


13時30分。開演―

孫悟空生誕 

岩と思われるものから、全身タイツの人間が登場。
どうやらコレ、このサーカスの主役、孫悟空のようです。

遊んでる? 

その後、似たようなのがたくさんでてきまして、
どれが孫悟空だかわからないというファンタジーっぷり。
数分間この状況が続いた後、孫悟空は壺に封印されました。


原作ではこのあと、三蔵法師がやってきて封印を解くわけですが、
この日のステージに出てきたのはこちら↓

千手観音 


千手観音 

いきなり出てきた女性が数人。縦に並んで踊る千手観音。
すばらしい演出です。すんごい感動です。
真横から見ている一般客席が可哀想です


ただね、残念なお知らせが一つ。

西遊記には全く関係ありません。 (どーーん!)


えーとね、原作の西遊記にも出てこないはずですし、
この日のストーリー上でも全く関係無し。

きっと、チラッと練習してみたら、

「おっ!?コレって案外イケるんじゃね?」
「んじゃ、やってみよっか?」

っていうノリだと思います。


千手観音が終わり、この時点で開始から十数分が経過。
ようやく登場したのが、三蔵法師。
孫悟空の封印を解き、お供にしました。


そうです。ここからです!本当の西遊記は!!


サーカス開始から25分経過―。

天竺到着・・・

到着1 


えぇーーーーっ!! w( ̄△ ̄;)w

なんたること。旅の目的達成の瞬間です

香取慎吾主演の映画「西遊記」では、
金角銀角倒すだけで、2時間を要しましたが、
こちらの一行はそんな敵と会うことも無く、中国-インド間を10分で移動

彼らは音速を越えました

 
サーカス西遊記は30分で終了。
準主役である三蔵法師にいたっては、
登場してから15分で仕事が終わったことになります。


休憩を10分ほどはさんで、後半の開始。
後半は空中ブランコやらの普通のサーカスとなってまして、
こっちはこっちで楽しかったです。


というわけでね、
サーカスと演劇のコラボレーションがウリの
「スーパードリームサーカス 西遊記」

我が愛娘も喜んでましたので、良かったです。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

長文 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<シルバーの輝きは永遠の輝き ~番外編~ | HOME | サーカス「西遊記」に行ってきました! その1>>

この記事のコメント

すーてーきー(笑
楽しくてよかったね
2008-11-01 Sat 14:45 | URL | hiro. #-[ 編集]
ほんと楽しかったですよ。
有料の席でよかったと思ってます。
2008-11-01 Sat 16:47 | URL | おりしん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。