おりブログ。

略して「おりブロ」ってのはどう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パーティ

みなさんはこの夏、思い出に残ることがあったでしょうか?

どこかに旅行に行った。
彼女ができた。
結婚した。 などなど。

夏休みをまだとってない私。
もちろん思い出などないわけで。

これじゃあちょっと寂しかろうと思い、
なかば強引に思い出を作るべく、後輩に相談。

おいしい夕食を食べよう!!

彼女と同棲を始めた後輩。
そんな愛の巣に赴き、おいしいお肉を食べようじゃないか!と。
お肉屋さんで一番高い値段の肉を食ってみよう!と。
きっと忘れられないような美味にちがいない!と。

このような思い出作りを考えた8月の後半。
最初は数人で極上和牛を味わう予定でしたが、
大人数で食べたほうが面白いといういつもどおりの流れにハマりまして
最終的には11人

というわけで私の思い出を作るべく集まった11人。
高い肉を食べると言ってしまったいじょう、ハンパな肉は買えません。
そこで購入したのが十和田牛

P1010001 (3) 

ちなみにこの量で約1キロあります。


しかしながら11人で食べるには量が少ないなと思いまして・・・。
P1010002 (4) 

えーとね、わからないとは思いますが、
写真に写っている肉の総額が2万円強でございます。

買出し担当の私。
まさか自分の思い出作りのために数万円を使うとは思いませんでした
思い出って高くつきますよね。


開始の時間になりまして。
サーロインステーキから食べようということになり、一口大に切り分けて焼くこと数分。
いい色に焼き色がついた肉。
みんなでペロリと一口でいただきました。
すごく柔らかく、とってもおいしい。
なんといいますか、口の中で溶けてしまうってヤツでしょうか?

一瞬で数千円が消えました


ちなみに私。この時点でお腹が一杯になりましてね。
霜降り上カルビを二枚ほど食べ、
牛タンと豚トロに手をつけることなく終了となりました。


途中、日本酒のイッキ飲み大会が始まった時は、
心の底からこの思い出作り計画を後悔しましたが、
たくさんの友達に囲まれて幸せでした。


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

長文 | コメント:0 | トラックバック:0 |

続報

八月ももうすぐ終わり。
我が家では今月、4回ほどストーブのスイッチを入れました

えーとね、ひとつ聞きたい。

地球って温暖化が進んでるんですよね?


富士山では初雪が観測されたそうです。ども、おりしんです。



先日のコンビニ強盗ですが、いまだ逃走中のようで・・・。
悪いことしたんだから自首すればいいのにねぇ。

そんな中、職場の先輩が極意情報を持ってきましてね。
なんでもその犯人、
髪型が坊主頭だそうですよ!

人口の少ない我が地元。
30代で、太ってて、髪型が坊主。
もうね、秒読みだよね逮捕まで。



・・・って、よ~く考えたらますますボクじゃん


犯人は私の名誉のためにも早く自首して欲しいものです。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

独り言 | コメント:4 | トラックバック:0 |

事件の匂い

今朝の話。

8時前くらいに車を乗ってたんです。
んで通りかかったコンビニ。
なんといいますか、異様な雰囲気。ものものしいとでもいいましょうか。
白い大きな1BOXと数人の警察官。それとコンビニの定員。

私思いましたね。事件だ!って。

祭が終わったばかりの地元。
その熱が冷めなかったのでしょうか?
勢いに任せた犯行なのでしょうか?

強盗か?
それとも殺人か?


我が地元も住みにくくなったものです。
これも歪んだ社会のせいなのでしょうか?

ここで、少年マンガの主人公なら、
ジッチャンの名にかけて!!
なんつって類まれなる推理力で犯人を検挙することでしょう。

しかしながら私は、仕事が忙しい大人。
少年でないため仕事に向かったのです。


午後―。

気になっていたコンビニの事件。
詳細が発表されたのは、仕事が一段落したときでした。

 >コンビニエンスストアで、雑誌を万引して逃走

雑誌てキミ・・・

雑誌くらいね、なんとかしなさいよホント。
つかね、コンビニだったらね、立ち読みでなんとかなるでしょ?
なんでまた万引きなんて犯罪を・・・・・・

・・・・・もしかして、エロ本かな?

立ち読みができないよう、紐やテープで閉じてあるエロ本。
男性みんなの味方、エロ本。
朝一で我慢ができなかったのでしょうか?

 >止めようとした従業員の顔を殴って逃走した。

おいおいそんなにヌキたかったのかい・・・。
エロ本盗んだうえに人を殴る。
窃盗と傷害という犯罪を犯した彼。
一回のオナニーに一生をかけたわけですが
そんな彼はいまだ逃走中とのこと。


ずいぶんと遅漏だなぁ・・・。 (違います)



仕事終了後―。

情報提供を呼びかける警察からのメールが配信されました。
犯罪は許される行為ではありません。
善良な住民として、犯人逮捕に協力すべく、メールを確認しました。


  〇 強盗致傷
  〇 年齢30歳位男
     肥満     ・・・・・・・etc

先輩:「これ、おりしんじゃね?


   ほんの出来心だった。
   べつにコンビニに行こうと思ったわけでもない。
   気がつくとそこにいただけだった。
   私は導かれるように扉をくぐったんだ。

   「いらっしゃいませ~

   いつもと変わらぬマニュアルどおりの挨拶を横目に、
   私はトイレの手前にある、区割りされたコーナーの前に立った。

   表紙だけ見てもソレとわかる雑誌。
   立ち読みはできない雑誌だが、そのラインナップの多さに驚き、
   そして違う意味で表紙を立ち読みしたんだ・・・。 (←勃起)

   気がつくとボクは全力で逃げていた。
   何故か右手がとても痛かったんだ。
   そして何故か左手には「隣の人妻さん」というエロ本が・・・


ってオイ! (ノリ突っ込み)

というかね、俺は肥満ではないから。
まだそこまでいってないから。
健康診断でも「肥満傾向」だったわけだし。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

長文 | コメント:2 | トラックバック:0 |

夏休み

タイトルは「夏休み」なんですが、私はまだです。

というわけでね、みんながお盆休みをとっていた先週、
私はいつもと変わらず、パソコン室でペチペチとキーボードを叩いてたわけです。

お盆ってのはとってもイイ。
お客さんは来ないし、苦情の電話も無い。
上司も休んでるわけでして、職場はある意味楽園となります。

とはいえ私は私。
スケジュールどおりの仕事があるわけで・・・。
一人ぼっちでパソコン。
クーラーのギンギンに効いた部屋で。
休憩時間になればテレビだって見れちゃう万能部屋で。


そんな楽園となるはずの先週の会社。

来ないと思っていた課長が普通に出勤してましてね。
よーし、気合入れて仕事するぞ!!なんて大声出しまして、
書類を抱えて向かったのが、我が楽園のパソコン室


いやいや、そこボクの・・・


ダラダラと仕事をするはずのお盆期間。
フタを開ければ課長と二人きりの密室となるわけで

若干気が重くなりましたが、私にだってやらなきゃいけない仕事があります。
意を決してパソコン室のドアを開いたのです。


うん、ウチの課長、オリンピック見てるね


こうして先週は、全然気の休まることのない仕事となりました。
いつもと変わらないはずのパソコン処理。
だけど今は課長の監視付き。
緊張のあまりエラーが続出しまして、仕事を中断することに。

復旧のために業者に連絡してみれば、

すいません。担当の者がお盆休みをとっておりまして、出勤は週明けとなります

って言われるし、もうなんだかさぁ・・・


こんな感じで過ぎたお盆でした。
夏休みはいつ取れるのかしら・・・。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

独り言 | コメント:2 | トラックバック:0 |

BB・BBQ

昨日ですね、ビーチバレー大会がございました。

歴史の浅い大会でして、参加する人数が少なめ。
素人の私が参加しても、それなりの結果を残すことができます。
まあ、私の相方さんがバツグンに上手いしね。

んでね、毎年バレーをやって解散! じゃあ面白くないだろ、と。
もう少しね、思い出に残るようなことをしようと思った31歳独身。

BBQしませんか?

焼肉をしながらビーチバレーをしようと思ったわけですよ。
おいしいお肉を食べて、んで爽やかに汗を流し、ビールを飲むわけですよ。

この意見に、周りのみんなは大賛成。
結果、約10人のBB・BBQ大会(ビーチバレー・バーベキュー)が計画されました。

もちろん準備は私。
言いだしっぺが準備するのは当たり前。
安く、そしておいしいBBQにするべく、私は一生懸命考えたんです。


・・・と、ここまでは良かったんです

どうせなら人数が多いほうが楽しくない? なんていう雰囲気
大会に参加する高校生も一緒に♪ っていう流れ

ふたを開ければ総勢20人以上の大所帯
しかも当日は飛び入り参加も予想されますので、それ以上。


うわー、逃げたい・・・

言わなきゃよかったBBQ。
ヤメときゃよかったBBQ。

軽はずみな発言というのは良くないなとあらためて実感。


・・・と、ここまでは後悔の連続でした。

しかし、いろいろサポートしてくれた先輩。
方々に電話してくれた後輩。
一緒に買出しに行ってくれたステキな女の子。

なんといいますか、嬉しかったんです。みんなの優しさが。

こんなことなら、
毎週BBQやってもいいかな、なんてね。





いろいろありましたが、こうして私のこの夏一番のイベントが終わりました。

貝殻で切った足の裏の傷と
日焼けというより軽い火傷になった全身と
ビーチバレー大会第3位という結果と
たくさんの思い出を残して。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

甲子園

シーズンですよね。

ウチの会社でも、昼休みになると休憩室ではテレビをつけましてね。
んではつらつとしたプレーを見ながらご飯を食べる同僚がいたりします。

そんな私も高校時代は野球に没頭する毎日でしてね。

いやー厳しかった。
辛い毎日だった。

私の同級生なんてその厳しさについていけず、
半分の部員が辞めていきました。


〇厳しさ その1 「髪型」

 丸刈りは必須。
 多感な年頃、選択肢のない髪型に悩む人もいました。


〇厳しさ その2 「走る」

 陸上部よりも走ってました。
 私は太ってますので、人一倍走りました。


〇厳しさ その3 「気合」

 気合は常に入れなければなりません。
 監督から見て、気合が入ってなければビンタが飛んできます


とくに私は監督から嫌われてまして、
なんでもないことでも殴られましたし、
試合前なのに百本ノックとかやりました。

甲子園で頑張ってる高校生を見ると、
負けて泣きながら礼をしている野球児を見ると、
勝って校歌を歌う姿を見ると、
とっても懐かしい気分になるんです。
なんか心にズキーーンとくるものがあるんです。


    あんな辛い日々はもうゴメンだ って。


だからね、ボクね、あんまり高校野球って好きじゃないんだよね。
だからね、休憩室では静かにしてほしいだよね、ほんとは。


P.S

ほんとにあった、監督とのミーティング。

コーチ 「おまえらが野球部に入った理由はなんだ!?

キャプテン 「はいっ! 甲子園に行くことです。」

副キャプテン 「自分も甲子園です。」

部員A 「もちろん甲子園です。」

部員B 「自分も甲子園で・・・・・・


そんな中、私おりしんはこう言いました。

おりしん 「ダイエットです。」



嫌われるきっかけになったと思う。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

独り言 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。