おりブログ。

略して「おりブロ」ってのはどう?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あけましておめでとうございます。

本年も「おりブロ」をよろしくね。

さて本年一発目の日記でございますが、
去年書こうと思って
諸事情(FF13)により書けなかった日記を書きます。


話はさかのぼること去年のクリスマス。
職場の先輩の一言から始まりました。

おりしんさ~、彼女いないからプレゼントとか無いでしょ?
 俺がプレゼント買ってあげるよ。


前半部分だけ聞いたら殴りそうな話
落ち着いて聞くに、
クリスマスプレゼントをくれるとのこと。

貰える物は貰っておこうという、
貧乏心に火がついた私。

ハイハイ言いながらついて行きました。

到着したのは大型薬局店のハッピードラック。
直訳すると「楽しい薬」
今の私には白い粉にしか聞こえませんが、
プレゼントなのに、なぜ薬局? と。

すると先輩は、「ちょっと待ってて」って感じで入店。
私はポカーンとしながら後姿を見送りました。


数分後―。

紙袋を抱えてきた先輩。
薬局で紙袋といえば、
サイドギャザー的な物しか思い浮かびませんが、
先輩はニッコニコ。

メリークリスマス。

と言って渡された紙袋にはコレ↓が入ってました。



友情出演は悟空 


 T      (テンガ)

え~ほとんどの方は知らないと思いますが、
あえて説明は省かせていただきます。
詳しくはコチラ

私で例えるならば、
右手は恋人
左手は愛人
TENGAはススキノ といったところでしょうか?

まさかのプレゼントに私はびっくり。
悟空もお手上げ状態なプレゼント。

ちなみに後輩の体験談を聞きますと。
「いろんな意味でダメになる」とのこと。

これ以上ダメになっては困ると本気で思いまして、
使用を控えている現在です。


P.S

正月に我が部屋に甥っ子が来まして、
TENGAを見るなり、これは何?と。
テンパった私は、

「じゅじゅ ジュースだよ!!」

と。
その後、飲みたい飲みたいと大騒ぎでした。


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

長文 | コメント:4 | トラックバック:0 |

忘年会

会社休んでPS3やってたおりしんです。

先月なんですが、今年一発目の忘年会がありました。
野球チームの忘年会なんですが、
私、それどころではありませんで、
残業でいっぱいいっぱい。

っつーわけで残業を理由に欠席したのです。

んで残業をがっつりしまして、
金曜ロードショーの時間には帰宅。
楽しみにしていた「天空の城ラピュタ」を観覧。

  忘年会 < 仕事 < ラピュタ

さてさて楽しく過ごしていたフライデーナイト。
夜の10時頃でしょうか?
私の携帯が珍しく音を出しました。

電話に出てみると、バーのマスターのGさん。

おりし~ん!飲みに行こうよ!

夜遅くに全くもって不謹慎な電話ですが、
いつもお世話になってる人ですし、
断わることができないわけです。

「わかりました。すぐ行きますっ!!

と答えてラピュタの続きを見てました。(オイっ)


さぁ行こうかな、と思った深夜0時。
よく考えたら所持金0円なわけで。
そこでおばあちゃんを起こしまして、
お金を借りました、15000円
すんごい罪悪感。
罪な男ですね、Gさんって

会場に着きますと、
良い感じになってるGさん。
久しぶりに飲みに出たみたいで、
すんごい楽しそう。

俺はな、飲みに誘うのはおりしんぐらいしかいないんだ。」

かりにもバーのマスター。
接客業を営みし者。
社交的でなければならない者。
この発言はいかがなものかな、と。

途中、近辺のバーのマスター達も参加し、
なかなか濃いメンバーで飲み明かしました。

気がつくと朝9時でした。

もっとショックなことに、
駐車場においた車が
当て逃げされてました

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

長文 | コメント:1 | トラックバック:0 |

そんなヒマ潰しに

昨日に引き続き、おりしんです。
わんばんこ。


本日、無事に我がプレステが佐川急便により運ばれました。
行き先はクリニック(修理)
彼女はきっと、今まで以上に素敵になって帰ってくるはず。

んでね、この頃ゲームができないもんだからすんげーヒマ。
っつーわけでね、DVDを購入しました。

私、音楽にあまり興味が無く、
CDはほとんど買いません。
どちらかというとライブ派なんでしょうか?
聴覚だけでは満足できないんですね。
ですので、気になってるアーティストの
ライブDVDを買ったわけ。

私的には、みんながよく知る一曲だけが楽しみでして、
ライブ特有のオープニングやら、
ライブ特有のフリートークなんかは興味なし。
その一曲を聴きたいがため、
早送りを繰り返しつつ見てました。

ライブも後半―。

有名な曲のため、
一番最後でしてね。うん、エンディング。

その頃にはアーティストも汗だくでして、
観客も目がウルウル。

それを最初に見るおりしん。

アッチは熱狂
コッチは冷静

イントロが流れ出し、
私が求めていた曲が始まりました。

するとそのアーティストは、

みんな!最後の曲だから、
 みんなで歌ってくれっ!!


っていう感じの発言をし、
マイクを観客に向けました

いやいや、違うから・・・

楽しみにしていた曲。
その曲も良いし、アーティストの歌声も良い。
両方が合わさっての一曲。

何が楽しくて、
どこぞの客の歌声を聞かなければならないのか。
ここはスナックか?

その後もそのアーティストは、
チラホラとは歌うものの、
サビともなると、

歌ってくれっ!!

なんっつってマイクを客に向ける始末。
まあね、わかる気もしますよ。
最後は一つになりたいってヤツですかね?
でもね、私的には最後だからこそキメて欲しいな、と。

画面の中では大声で歌う観客。
もっと歌え!!」と言うアーティスト。
お前が歌え!!」とツッコむ私。

週末はBOOK OFFへ行こうと思ってます。
長文 | コメント:6 | トラックバック:0 |

パーティ

地元で昨日、婚活パーティがあったそうで。
参加者は男女あわせて96名。
上は50代から下は20代とのこと。

そんな魅力的なパーティが催される中、
私はといいますと知り合いのバーの開店に行ってきました!

早い時間だったためか、
私たちが一番乗り。

記念すべきお店の一番最初の客となったわけです。
私でゴメンなさい


店内  


どうですか、この店内。
素敵な雰囲気でしてね。
なんていうか、大人な感じ?
店主が女性でして、
女性ならではのセンスが光るわけですよ。

ちなみに店主がこちら。


美人マスター 

右のほうね。
左のかたはアルバイトの人です。

そういえばネットに載せるとかの許可取ってないんですけど、
ま、いっか
(苦情が来たら消します)

マッタリとシャンパンを飲んでますと、
お隣のショットバー、「hood」のマスターであります、
こうじ君もお祝いにやってきました。

こうじ君はマジマジと店内を見ましてね。
センスの良い店内に感動したのでしょう。
ボソっと言いました。

いや~隣の畑は良く見えるっすね。
 あ、隣の庭かぁ・・・


いや、だから

そんなこうじ君のブログがこちら
先ほど久しぶりに読んでみましたが、
お店の電気止められたみたいで・・・。

いろんな意味で頑張れ!と言いたい


その後、お店とお酒を堪能し、
こうじ君のhoodにてK-1見ながら飲みました。


異常なほど楽しい飲み会でしてね。
時間を忘れて飲んでしまいました。
月曜日なのに。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

長文 | コメント:0 | トラックバック:0 |

~乱~

10月最初の日記になってしまいました。
私はといいますと風邪とストレスのダブルパンチで最悪です。
お久しぶりです。
今日はちょっと長いですけど、いいかな?


え~と突然ですが、
みなさん、ランパブってご存知でしょうか?

まぁ私も噂で聞いたくらいでして、
その聞いた話をまとめますと、

 ・接客する女性がブラとTバック
  つまりはランジェリー
 ・お酒は飲み放題

というわかりやすいシステム。

私の地元にもそういう店がありましたが、
行ったことは無し。
正直な話、興味が無いわけじゃないですが、
金銭的にかなり高額なことがかなりのネック。
60分5000円ポッキリなワケなんですが、
セクシーな女性にタッチでもしようものなら、
奥から怖いお兄さんが来て、
私のその手をポッキリやられます
5000円じゃ割に合いません。

それとね、正直な話、
いきなり初対面で下着というのはどうかな・・・と。


そんなランパブ嫌いのおりしん君のもとに、
とある情報が舞い込みました。

友達がチケット持ってるから行かない?

ランパブでパーティがある、と。
友達がチケットのノルマをクリアしたい、と。
3000円だ、と。

もう一度言いますけど興味無いんです。

が、これは人助け

もちろんチケットを買いまして、先日行ってまいりました。

なぜか平日に行われたパーティ。
人もまばらな夜の街。
居酒屋でワンクッションおいた私たち一行。
チケットを握り締め、
会場であるランパブの扉の前に立ちます。

夜の街とは正反対の騒々しい扉を開けると、
一人の女性が出てきました。

ドレスに身を包む、素敵な女性。
下着姿ではないことから「ママ」なんでしょう。
彼女は私たちに、店がいっぱいであることを伝えました。

正直帰っても良かったんですが、
せっかく払ったチケット代。
無駄にするのもいかがなものかと思いまして、
とりあえず時間を潰し再突入。
タイミングがよかったのか無事座ることができました。

まわりを見るとガヤガヤと騒ぐ野郎ども。
彼らにとっては「ランパブ」というよりも、
乱パブ」なのでしょう。
すんごい楽しそう・・・。

まわりを気にしつつ、
ドキドキしながら女性を待ったのです。

・・・

・・・・・おかしいな、と。

まわりを見ていて気がついたんです。
変だなって。
そうこうしてましたら女性が私の隣に座りましてね。
うん、普通の女の子なんですよ。
普通に若くかわいい女の子なんですよ。
つかね、普通すぎたんですよ

焼酎をいただきまして、
楽しく会話していたところ、もう一人の女の子が来ましてね。
うん、この子もそう。
ものすごい普通なんですよ。
普通に・・・ドレス着てました

「あれっ?ここってランパブじゃないの?」

今日、パーティだからドレスなんですよ~。」

パーティだからドレスてキミ・・・。

むしろパーティだから下着ではなかろうか?

勝負パンツに着替えてから飲み始めた私。
やっぱりランパブは肌に合わないなと思いました。
(下着だけに・・・)


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

長文 | コメント:5 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。